フットケア技術者を目指す美容・健康・医療・福祉・スポーツ関係者に情報を提供する「日本フットケア技術協会」

JAFTA紹介

  1. HOME
  2. NEWS & TOPICS
  3. 2015 7月

那珂川病院訪問日記。

こんにちわ JAFTA広報委員の2番手の 中道です。
ゆえあって 先日 博多へ出張してきました。
京都から博多への新幹線は久しぶり。最近新幹線の車内販売の充実ぶりはすごいです。
今回は ナッツのはちみつ漬けをいただき、フットケアは全く無縁の読書をしながら、目的地の那珂川病院へ向かいました。

 

そして 無事到着。寝不足が写真に現れていますね。

さて 九州のフットケア王子と噂される 竹内一馬先生の 外来見学をさせていただきました。

医師一人 看護師(フットケア担当)3人で外来を回しておられました。当院のような小規模クリニックではできない、贅沢な布陣です。
羨ましいぃ。訪れた日が 水曜日でしたので 超優秀との噂される義肢装具士さんとの面会は叶わずでした。

巻き爪の矯正、下肢の血行不全をともなうフットケア・皮膚潰瘍の処置など 20例ぐらいの症例を見学しました。処置用のベッドは4列あり
同時に4人ぐらい診察も可能でした。(数をこなすなら、やはりこのスタイルか。)

爪切り・胼胝処置は主に看護師さんがほとんどされており(羨ましいぃ2回目)、医師は治療と診断に専念するスタイルでした。
私もスタッフ教育を急がねばと思いました。僭越ながらちょっとだけお手伝いもしました。

ポータルデバイスのフレーザーモーターでしたが、意外と使いやすかったので、早速楽天市場で 往診用に1台購入してしまいました。

さて 外来終了。フットケア外来のスタッフさんたちとパチリ。

フットケア王子さまと ツーショットを戴きました。病院でのフットケア最前線を見学させていただきありがとうございました。

外来終了後 竹内先生おすすめの 居酒屋さんで 歓迎会を開いていただけました。感謝・感謝。
車海老、赤ムツ最高でした。

 

 

 

 

 

 

うちも頑張らな~(特に職員教育)と思い、 博多の第一夜を過ごしました。
文責:JAFTA広報委員 中道より

2015年7月22日(水)09:54 会員の活動

トップへもどる