フットケア技術者を目指す美容・健康・医療・福祉・スポーツ関係者に情報を提供する「日本フットケア技術協会」

JAFTA紹介

  1. HOME
  2. NEWS & TOPICS
  3. 2014 12月

フットケアをラジオで語ってみたよ(その2)

【FM滋賀】に出演中のWOHLTAT 藤井恵さん

夏に続き、冬シリーズを先日放送されました。

パーソナリティのキダユカさんと藤井さんのツーショット なんか似てる~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお話内容を藤井さんにまとめていただきました。

*******************************************************

■寒い季節になりました。靴でいうとブーツ、そして足は乾燥が気になる季節です。 3回目の出演になったFM滋賀で「靴と足」のお話をさせていただきました。

冬はやっぱりブーツが暖かいですね。ブーツの選び方の3つのポイントは

1:自分の足に合ったサイズを選ぶ。

むくみがある方は夕方むくみが出る時にサイズ合わせを、厚手のソックスを履く方はその厚みを考えてサイズを選んでみましょう。

2:ポイント部分の余裕を確認。

ストレッチ素材、革素材と色々とありますが、ピッタリすぎると足がうっ血します。 履き口、ふくらはぎ部分に指1本分ぐらいの余裕があるものを選びましょう。

3:美脚効果
ブーツはパンプスなどに比べると安定感があるのでヒールは少し高めを選べます。6〜7cmのヒールは美脚効果があります。
そのほか雪対応の底を使った靴や、防水効果、保温性のある素材使いなどは、雪対応に使えます。
最近は「シューズグリップ」と言って、履いている靴につけるだけで、雪道を歩くことができる小物がありますのでお出かけや、旅行などに持っていると便利かもしれません。

■足のお手入れに関して、今回はリスナーの方に

「冬になると足の裏がカサカサして、荒れてしまいます。 お風呂に入った時に軽石でこすり、お風呂から上がったら保湿用のクリームを塗っているます。それでも、荒れるので、何かお手入れが間違っているのでしょうか?」 という質問を受けました。

フットケアの技術者として、質問の回答をさせていただきました。

「足の裏が荒れてしまう原因の多くは乾燥です。軽石でこすりすぎてかえって荒れることもあります。角質が厚くなりすぎた時は2、3週間に1度軽石や、カカトヤスリを使って部分ケアをします。少しのカサつきは足用のスクラブなどでピーリングして保湿するのが安全です。

保湿のお手入れは入浴後温まった足に保湿のクリームやオイルをマッサージしながらよくすりこみます。そのあとは床、畳、室内の履物などの摩擦、足の乾燥や冷えを防ぐために、 寝る前まで靴下を履くと保湿力がアップします。」

冬の足は乾燥しがちですから、毎日忘れずに保湿対策して、ひび割れから足を守り健康に冬を過ごしましょう。

今後もフットケアの専門家として、一人ひとりの状態に合わせた施述でお客様の足を守っていきたいと思います。

************************************************************************************

今年の冬は寒さが特に厳しそう。足のマッサージ、保温中敷き、靴下などを上手に使ってシモヤケやひび割れを防ぎましょう。

2014年12月19日(金)17:17 会員の活動

トップへもどる