フットケア技術者を目指す美容・健康・医療・福祉・スポーツ関係者に情報を提供する「日本フットケア技術協会」

JAFTA紹介

  1. HOME
  2. NEWS & TOPICS

NEWS & TOPICS

JAFTA 総会・研修会4月開催

2021年度のJAFTA総会・研修会が4月11日(日)に開催されます。
今回もリアルとWebのハイブリッド形式となっております。
前回のオンライン研修は大変好評で沢山の方にご参加いただきました。
研修会はJAFTA会員以外の方もご参加いただけますので、フットケアに興味をお持ちの皆様もどうぞご参加ください。

今回の研修会テーマは【足を見つめる ~フスフレーゲの基本~】です。
研修会 13:00~17:30

■13:00~13:55 講演「爪の診方と原因を考えたアプローチ」
高山かおる 先生(済生会川口病院 皮膚科)

■13:55~14:50 講演「足を診る開業医の役割~生涯歩行を守るためにできること~」
竹内一馬 先生(足と心臓血管クリニック JAFTA理事)

■14:55~15:40 PRセッション バン産商株式会社、他

■16:00~16:40 講演「胼胝の位置から足部機能を見極める」
久保和也 先生(足のクリニック表参道 理学療法士)

■16:45~17:25 「ドイツのポドロギーとフスフレーゲ」
黒崎かおり先生(ロージーライフ)

■17:25~17:30 閉会の挨拶、次回のご案内
【定 員】 リアル30名、オンライン100名となっております。

研修会詳細内容はJAFTAホームページの(総会・研修会のご案内)をご覧ください。
研修会はJAFTA会員でない方も参加いただけます。(有料)
参加方法等はJAFTAホームぺージトップ【総会・研修会おご案内バナー】のリンクをご参照ください。
JAFTA トップページ

日本フットケア技術協会
〒111-0043東京都台東区駒形2-5-7 バン産商株式会社FSI内
TEL.:03-3843-5253 FAX:03-3843-6562
メール(info@jafta.org)

2021年3月17日(水)18:38 お知らせ

JAFTAオンライン研修会参加しました。

こんにちわ
秋晴れの空が美しい季節です。でも風が冷たくて空気も乾燥しているのでコロナやインフルエンザの対策がとても大切ですね。

さて、毎年3月に行われていたJAFTA総会・研修会はコロナウィルス感染対策として延期されておりましたが、マスク、手洗い、アルコール消毒の徹底とソーシャルディスタンスを守ることで感染対策をして11月1日に第17回JAFTA総会・第31回研修会が行われました。
今回はオンライン受講も出来るため、私は理事会と研修会をオンラインで参加しました。
不慣れなZoomとSkypeを準備して冷や汗をかきながらも無事に参加!
画像も音も良くとてもスムーズに会議も研修もできました。
本日の研修会は以下の先生のご講演です。
JAFTA 研修会 
【足を見つめる フスフレーゲの基本】
■講演「胼胝の位置と足の病変について」
菊池 恭太先生 (下北沢病院 整形外科)
■講演「衛生について」
日吉 徹先生 (日本赤十字社 糖尿病内分泌科
■講演「足白癬、爪白癬」
中道 寛先生 (二条なかみち皮膚科クリニック)
■講演「爪甲 鉤弯症」
山口 健一先生 (爪と皮膚の診療所)

足にできる胼胝(タコ)の発生部分とその原因、フットケアにおけるオートクレーブ滅菌の重要性と感染予防対策、白癬症状の特長と治療方法及びフットケアでの注意、爪甲 鉤弯症の治療方法等の大変貴重な講義をしていただきました。
オンラインでも問題なく受講でき、かえって集中できて良かったと思いました。質問もテキストを打ち込んで出来るのも良かったです。
今回のようなオンライン研修は感染症対策としても安全で、また遠方の会員今も無理なく参加できるので大変意味のある試みでした。
JAFTAでは新しい試みを積極的に取り入れ会員の皆様に情報をお届けしたいと思っています。
一部の研修はオンデマンドもしているとのことなので興味のある方はJAFTA事務局へご確認ください。
また、研修の詳細はJAFTA News Letter(会員用)に掲載されますのでお楽しみに!

PS:アンケ・ニーデラウ先生の日本語訳書籍【爪病変大辞典】が残少数で在庫があるとのことです。こちらは日本語出版実行委員会(藤井さん)へご確認ください。

文責 フットケアサロン テクニカ 吉田

2020年11月13日(金)18:26 JAFTA 総会・研修会

JAFTA 11月オンライン研修会

開催が延期されました2020年度のJAFTA総会・研修会が11月1日(日)にリアルとWebのハイブリッド形式で開催されます。
オンラインで研修を行う新しい試みです。
今回の研修会テーマは【足を見つめる ~フスフレーゲの基本~】です。
研修会 13:00~17:30

■13:00~13:55 講演「胼胝の位置と足の病変について」
菊池 恭太 先生(下北沢病院 整形外科)

■14:00~14:45 講演「衛生について」仮題
日吉 徹 先生(日本赤十字社 糖尿病内分泌科、JAFTA衛生委員長)

■14:55~15:40 PRセッション 日本語出版実行委員会、バン産商株式会社、他1社

■16:00~16:40 講演「足白癬、爪白癬」
中道 寛 先生(二条駅前なかみち皮膚科クリニック)

■16:45~17:25 「爪甲鉤弯症」
山口 健一先生(爪と皮膚の診療所)

■17:25~17:30 閉会の挨拶、次回のご案内
【定 員】 リアル30名、オンライン100名となっております。

研修会詳細内容はJAFTAホームページの(総会・研修会のご案内)をご覧ください。
研修会はJAFTA会員でない方も参加いただけます。
Webでの参加方法は下記リンクをご参照ください。
JAFTA研修会オンライン参加方法

日本フットケア技術協会
〒111-0043東京都台東区駒形2-5-7 バン産商株式会社FSI内
TEL.:03-3843-5253 FAX:03-3843-6562
メール(info@jafta.org)

2020年10月17日(土)16:48 お知らせ

軽量スニーカーで足元軽快に! シニア向けにもおすすめ?

朝晩が少し涼しくなり、秋を感じさせる季節になりました。今年は新型コロナの影響で、あまり遠出のお出かけをしなくなったり、フォーマルな会合がなくなったり、在宅勤務が増えるなどで、「ファッション」も変わってきているように思います。そんな中足元を軽快に歩ける、軽くてカラフルなスニーカーが主流になってきている感じです。
先日FM滋賀e-radioにて、スニーカーについてお話をさせて頂きました。
フットケアでの靴指導や靴選びの参考になればと思い、お話の内容をご紹介させていただきます。

「スニーカー」の語源をご存知ですか?
スニーカーは「ゴム底の運動靴」で足を覆う部分が、布製や革製の靴のことです。
これは英語の「sneak」(忍び寄る)の言葉から派生して、靴底の硬い革靴と違い、柔らかい素材でできたスニーカーを履けば、後ろから音を立てずに、静かに忍び寄ることができる事から名付けられています。(靴百科事典より)

最近のスニーカーの特徴は?
厚底やデザイン性などソールの変化や、エコを意識した「サステイナブル」素材、ニット素材、軽量スニーカーなど、ソフトな印象の素材デザイン、有名シューズブランドとファッションブランドとのコラボスニーカーなどです。

軽いスニーカーって足のためには良いの?
靴の働きは「足をしっかりと支える」ことです。そのため手に持ったときに少し重く感じる靴があるのは、足を支えるための機能を出す素材を多く使っているからです。軽ければ軽いほどいい、というわけではなく、足を支える機能がしっかりとしているかどうかが大事です。軽くても足を支える機能が備わっている靴は履いていただいても大丈夫です。靴は用途を知り、TPOによって履き分けることが大切です。

どのような靴を選ぶといいのでしょうか?
靴を触ってみて踵のところがしっかりとしたスニーカーで、履いて歩いてみたときに、踵から土踏まずがしっかりとフィットした感じがあるか、指先がしっかりと使えるかどうかチェックして下さい。ハイキング、トレッキング、軽登山用、ランニング用(初心者用から上級者向け)、ウォーキングなど種類は色々とありますので、履く人の目的に合わせて靴選びをする。
もちろん自分の足のサイズや形に合わせた靴選びは基本です。

敬老も日も近いので「高齢者の靴選びについて」

高齢者の靴選びのポイント
1:つまずかないように、爪先が十分に地面から反り上がっていて、爪先は丸みがあり、
  前に突出していない靴
2:足を前に踏み出す力が弱いので、踏みつけ部分がよくしなる靴
3:足があまり上がらないので、ヒール部分の角がない靴
4:体を安定させるために、かかとはある程度しっかりした靴を選ぶ
5:高齢者の方は足が冷えやすく靴下の厚みも様々。どんな靴下を着用するかもチェックする

最後に、「正しい靴の履き方」、普段からの自分にあったストレッチ、体操をして、足・爪のお手入れをして、しっかりと体を支えられる足をキープすることも大切です。

JAFTAでは「正しい靴の履き方」のDVDを作成しております。
ぜひ、お客様、患者様のご指導にご利用いただければと思います。

快適な靴と足 WOHLTAT(ヴォールタート)
足・爪 お手入れ専門店・ポド
藤井 恵

2020年9月17日(木)12:12 会員の活動

夏に向けて、足と爪のお手入れ 

先日緊急事態宣言が全国的に解除され、徐々に通常の生活に戻りつつあります。でもまだワクチンが開発されてないので、油断は禁物です。今後も手洗いとうがい、体調管理に気をつけてたいと思います。

6月2日(月)FM滋賀e-radio【style】「平和堂マイディリーライフ」にて、「夏に向けて、爪と足のトラブルを防ぐお手入れ法!」と題して生放送でしたが、3密を避けるためスタジオでなく、お電話でお話しました。

自宅にいる時間が増えて、靴を履く機会が少なくなってきている今、夏に向けて足と爪のお手入れをするのはいいチャンスです。緊急事態宣言中何かできないかな?と考えて作成した「足と爪のお手入れ本」。今回それをもとに内容を構成していただき、ラジオでお伝えできるようにお話しましたので、ブログで紹介したいと思います。

〇爪のトラブルでよく相談受けること
 ●巻き爪
 ●爪が厚くなる、肥厚爪
 ●割れやすい爪
 ●小指の爪
 ●爪の変形
 ●爪の表面の筋
 *小さいお子さんや、学生さんの爪の相談もあります

〇自分でできる足と爪のお手入れで気をつけてほしいこと
 ●一番大切なことは「足の爪を正しく切る」こと
  足の爪は手の爪に比べて硬くて切りにくく、手も届きにくいので、
  一気に切らずに少しずつ切るのがポイント
  爪切りは刃先が直線になった「直刃」のタイプをお勧めします

 ●爪の正しい長さは、足の趾先を触った時に、皮膚と爪が同時に当たる感じが目安

 ●爪の形はできるだけ四角く、まっすぐに切り、端は少し丸く仕上げますが、
  ヤスリを使うと効果的

〇爪の4つの役割
 ①指先を保護する役割
 ②ものをつかむ役割(歩く時に趾先に力が入る働きをします)
 ③体を支えるバランスの役割
 ④足の大切なセンサー

〇足と爪のお手入れ方法
 ●自分に合った保湿剤を用意する
  *保湿剤にはジェルタイプ、クリームタイプ、ワセリンタイプの3つ種類がある
  *爪専用のクリームやオイルなどもある

 ●足をきれいに洗って、しっかりと水分をふき取り、保湿のケアをする
 *爪専用の保湿剤、足専用の保湿剤と分けてケアをすると、より効果的
 *保湿剤は一気にぬらず、分けて足にぬり込んでいく
  (爪、ゆび、足の甲と土踏まず、踵から足首と分けてぬり込むと効果的)
 ●足をよくほぐして、ストレッチをする
 *毎日体を支えている足の筋肉をまずほぐして、ストレッチをする
  (テニスボール、ゴルフボール、柔らかいゴムボールなど、
   ラップの芯などの少し硬くて丸い棒などで足の筋肉をほぐす)
 *ストレッチは無理のないように、ゆっくりと、自分が気持ちいいと思えるぐらい
  (例えば椅子に座って、ゆっくりとつま先を上げて、ゆっくりと戻す、
   ゆっくりと踵を上げて、ゆっくりと戻すを繰り返しおこなう)

〇なぜケアが必要なのか?
 ●保湿をすることで、皮膚の動きやバリア機能が増える
 ●ほぐしたり、足を触ることで、足の血流がよくなる
 ●保湿の効果も重なって、爪にもいい影響を与える

〇今後のコロナ対策として履き物についての提案
 ●室内で過ごすときの履物について
  硬い床の場合は足に負担がかかりやすいため室内用のサンダル・靴下などを履く
  保湿のケアの後、靴下を履いておくのも効果的

 ●外出先から戻った後の靴のケア
  履いていた靴は外でブラッシングして、ほこりなどを落とす
  人の集まる施設などに出かけた後には、靴の底を消毒する

 ●スリッパなどの共有はできるだけ避ける

夏に向けて、足と爪のお手入れをして、心も体も元気にお過ごしください。

快適な靴と足 WOHLTAT(ヴォールタート)
SHOP 足・爪お手入れ専門店・ポド
藤井 恵

2020年6月2日(火)21:45 会員の活動

会員専用ページ ID:PASSは変更されました。

JAFTA ホームページの会員専用ページへのID:PASSワードは変更されています。
会員事務局より送付されました資料よりID:PASSワードをご変更ください。
(4月7日頃に送付された新しい会員カードを入れた封筒に同封されています。)
ご不明の場合はJAFTA事務局へお問い合わせください。

2020年5月23日(土)17:48 お知らせ

【緊急】総会・研修会 延期のお知らせ

新型コロナウィルスの予防対策として、3月15日(日)に予定しておりました「JAFTA 総会・研修会」は延期となりました。ご出席予定の皆様、大変申し訳ございません。
全ての皆様の健康と安全を考えた対処ですので、どうぞご理解ください。

JAFTA事務局からのお知らせをご確認ください。

2020年総会研修会延期の案内27.02.20

2020年2月28日(金)12:59 お知らせ

【至急告知】JAFTA 総会・研修会の開催場所が変更になりました。

新型コロナウィルス対策として3月15日に開催されるJAFTA総会・研修会の変更事項をお知らせいたします。

■3月15日(日)のJAFTA理事・総会および研修会の開催場所が変更になりました。

変更場所:共和文具会館5階B号室(昨年度まで行っていた場所です。)
アクセスは下記の通りです。
共和文具会館

■詳細はこちらをご確認ください。2020年総会研修会案内25.02.20

2020年2月25日(火)19:24 お知らせ

2020年度 第17回総会・第31回研修会のご案内

日本フットケア技術協会(JAFTA) 
2020年度 第17回総会・第31回研修会を下記の日程にて開催いたします。

日時:2020年3月15日(日) 総会 12:30~12:50
             研修会 13:00~17:30 懇親会 18:30~20:30

会場:日本赤十字社医療センター 講堂

詳細及びお申込みは2020年総会研修会案内をご参照ください。

2020年2月15日(土)19:07 お知らせ

JAFTAの河合会長が書籍を発行されました。 

河合会長が12月に書籍を発行されました。
【難治性皮膚疾患の治療テクニック】
─疾患別・症例にみる治療と処方─には足白癬の症例がたくさんあるので、皮膚科専門書ですがフットケアを行う皆様にもお勧めいたします。
詳細はこちら!⇒【難治性皮膚疾患の治療テクニック】

2019年12月3日(火)19:47 お知らせ

1 / 612345...最後 »

トップへもどる