フットケア技術者を目指す美容・健康・医療・福祉・スポーツ関係者に情報を提供する「日本フットケア技術協会」

フスフレーゲ 医療に役立つフットケア

  1. HOME
  2. フスフレーゲ
  3. 医療に役立つフットケア

医療に役立つフットケア【フスフレーゲ】

■欠損爪のクリーニングと修復

爪水虫によって爪がかけている状態。(皮膚科での治療も同時進行)放置することで陥入爪の可能性もあるので爪修復する。グラインダーにて変質している部分を研磨し、整える。

研磨後、爪形成ジェルを使用し、爪甲部分を平均に整える。自然な爪色に作り上げることに配慮し、形良く整え見栄えの良い爪に。

(資料提供 斉田皮フ科メディカルフット)

■角質処理とプロテクターによるウオノメのケア(78歳 男性)

第4趾のウオノメ。硬い角質部分を放置していたため、歩行時に発生する激痛でリハビリを拒否するようになる。

硬化角質をグラインダーで取り去り、保湿クリームで柔らかく整える。

足趾下に専用のプロテクターを装着し、ずれないように靴下を履いてもらう。起きているときは常にプロテクターを装着して足趾の向きを補正する。

足趾向きの安定がはかれるのでウオノメも消失する。ウォーキングを楽しみ、リハビリも積極的になった。

(資料提供 フットケアサロン テクニカ)

トップへもどる